先生からのメッセージ

全国各地で、患者さんに寄り添い日々診療に取り組まれているリウマチ専門医の先生方に、メッセージをいただきました。
地図上の色の付いたエリアをクリックすると、エリアごとの一覧にジャンプします。
北海道・東北
  • 北海道

    苫小牧市立病院 副院長、内科 リウマチ・膠原病外来
    堀田 哲也 先生

    リウマチ患者さんが健康で長生きする秘訣とは?

  • 青森県

    青森県立中央病院 リウマチ膠原病内科 部長
    金澤 洋 先生

    関節リウマチの見つけ方・受診の心得

  • 岩手県

    岩手医科大学 内科学講座 リウマチ・膠原病・アレルギー内科分野 教授
    仲 哲治 先生

    関節リウマチでは処方通りの服薬とセルフケアが重要

  • 宮城県

    ゆうファミリークリニック
    高橋 裕一 先生

    関節リウマチとの上手な付き合い方

関東
  • 茨城県

    筑波大学医学医療系膠原病リウマチアレルギー内科学 教授
    松本 功 先生

    患者さんとのコミュニケーションを重視し、効果的な治療につなげる

  • 栃木県

    自治医科大学 内科学講座 アレルギー膠原病学部門 教授
    佐藤 浩二郎 先生

    関節リウマチで心がけたい感染予防と適度な運動

  • 群馬県

    慶友整形外科病院 副院長/整形外科部長/慶友リウマチセンター長
    綾部 敬生 先生

    適切な手術時期の選択が大切

  • 群馬県

    医療法人 井上病院 群馬リウマチクリニック 院長
    黒岩 卓 先生

    医師と患者さんとが意思を共有し、最適な治療決定を

  • 埼玉県

    獨協医科大学埼玉医療センター 呼吸器・アレルギー内科 講師
    大和田 高義 先生

    日常の些細な変化を見逃さないで

  • 埼玉県

    埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科 教授
    天野 宏一 先生

    納得したうえでの治療と適度な運動や感染対策が大切

  • 埼玉県

    新座志木中央総合病院 院長
    林 淳慈 先生

    機能障害が徐々に進んできたら手術も念頭に

  • 千葉県

    千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科 診療准教授
    池田 啓 先生

    悩みや目標を共有し、それぞれの患者さんに最適な治療を

  • 東京都

    河北総合病院 副院長
    岡井 隆広 先生

    安全性と有効性を追求しつつ、患者さんの望むゴールを目指す

  • 東京都

    国立成育医療研究センター 周産期・母性医療センター
    主任副センター長、妊娠と薬情報センター長(併任)
    村島 温子 先生

    関節リウマチでも妊娠・出産を諦めないで

  • 東京都

    国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 腎センター内科/リウマチ・膠原病科 部長
    星野 純一 先生

    関節リウマチの痛みは我慢しないこと

  • 東京都

    東京都立病院機構 東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 部長
    島田 浩太 先生

    自らの病状を理解することが適切な治療への第一歩

  • 東京都

    杏林大学医学部 腎臓・リウマチ膠原病内科学 准教授
    岸本 暢將 先生

    運動などのリハビリや感染予防、口腔ケアなどが大切

  • 神奈川県

    国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 病院長
    長岡 章平 先生

    病気でありながらも心豊かに暮らすことが大切

  • 神奈川県

    独立行政法人国立病院機構 相模原病院 リウマチ科 部長
    松井 利浩 先生

    関節リウマチ、大人と子どもの課題とは?

  • 神奈川県

    医療法人徳洲会 湘南かまくらクリニック 院長/リウマチ科・内科・漢方内科
    吉澤 和希 先生

    高齢関節リウマチ患者に必要な家族・周囲のサポート

中部
  • 新潟県

    新潟県立リウマチセンター 副院長
    伊藤 聡 先生

    リウマチでは低栄養、喫煙、歯周病に注意

  • 富山県

    富山大学附属病院 リウマチ・膠原病内科 診療教授
    篠田 晃一郎 先生

    関節を守るために―超音波検査と日常生活の注意

  • 石川県

    金沢大学附属病院 リウマチ・膠原病内科長 病院臨床 教授
    川野 充弘 先生

    治療は劇的に進歩しています。怖がらずに早期受診を

  • 長野県

    信州大学医学部内科学第三教室 准教授 リウマチ・膠原病内科 診療教授・科長
    下島 恭弘 先生

    人生100年時代を見据えた関節リウマチ治療

  • 岐阜県

    岐阜大学医学部附属病院 総合内科
    浅野 元尋 先生

    病状を悪化させないためにも禁煙や適切な口腔ケアを

  • 岐阜県

    岐阜大学大学院医学系研究科 整形外科学関節再建外科学先端医療講座 特任助教
    岩田 崇裕 先生

    リウマチによる足の変形・痛みの治療

  • 静岡県

    医療法人 社団真愛かおり会 こぼり整形外科クリニック
    小堀 かおり 先生

    患者さんの本音を知ってこそ提供できるベストな治療

  • 愛知県

    医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院 リウマチ科 部長
    舟橋 康治 先生

    関節リウマチのセルフケアと手術タイミング

  • 愛知県

    小牧市民病院 整形外科 統括部長
    山田 邦雄 先生

    手術はタイミングを逃さずに

近畿
  • 京都府

    京都大学大学院 医学研究科 内科学講座 臨床免疫学 教授
    京都大学医学部附属病院リウマチセンター センター長兼任
    森信 暁雄 先生

    目標は病気を忘れて生活できること

  • 京都府

    京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・免疫内科学 病院教授
    川人 豊 先生

    関節リウマチの進行抑制には禁煙、歯周病対策、感染予防

  • 京都府

    日本赤十字社 京都第二赤十字病院 糖尿病内分泌・膠原病内科 医長
    茎田 祐司 先生

    将来の寝たきりを防ぐために日々の健康管理を

  • 大阪府

    大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学 特任助教
    沖田 康孝 先生

    関節リウマチはやりたいことを楽しみながら、治療を続けることが重要です

  • 大阪府

    和泉市立総合医療センター リウマチ・膠原病内科 部長
    樋野 尚一 先生

    主治医とともに考える患者さんそれぞれの治療と生活

  • 兵庫県

    兵庫県立加古川医療センター リウマチ膠原病センター次長兼リウマチ科部長・整形外科部長
    中川 夏子 先生

    手術は無理と思い込まず、まずは主治医に相談を

  • 兵庫県

    加古川中央市民病院 リウマチ・膠原病内科 主任科部長
    山根 隆志 先生

    感染症に注意しながらしっかり治療を

  • 奈良県

    奈良県立医科大学 地域医療学講座 教授
    赤井 靖宏 先生

    これからは、患者さんと医療者が一緒に治療を考える時代

中国・四国
  • 岡山県

    岡山大学学術研究院 医歯薬学域 研究准教授
    岡山大学病院 リウマチ膠原病内科 診療副科長
    岡山大学病院 運動器疼痛センター 副センター長
    松本 佳則 先生

    関節リウマチと骨粗しょう症の関係

  • 岡山県

    公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
    整形外科主任部長/人工関節・関節機能再建センター部長
    伊藤 宣 先生

    関節リウマチだからこそ関節を動かす努力を

  • 広島県

    東広島記念病院 リウマチ・膠原病センター 院長
    岩橋 充啓 先生

    患者さんとよく話し合い、納得のうえで治療を進める

  • 香川県

    香川大学医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 病院教授
    土橋 浩章 先生

    今、関節リウマチ治療は病気を忘れさせてくれるほど進歩している

九州
  • 福岡県

    飯塚病院 膠原病・リウマチ内科 部長
    内野 愛弓 先生

    セルフケアを意識し、体を動かし、できることに挑戦

  • 福岡県

    九州大学大学院医学研究院 医学教育学講座 教授
    新納 宏昭 先生

    「無理しない」を基本に関節を守る習慣を

  • 佐賀県

    佐賀大学医学部附属病院 診療教授
    多田 芳史 先生

    希望を持って前向きに治療を

  • 宮崎県

    宮崎大学医学部内科学講座 呼吸器・膠原病・感染症・脳神経内科学分野 准教授
    梅北 邦彦 先生

    関節リウマチ患者で注意したい感染症・フレイル・骨粗鬆症

◆ お問い合わせ
一般のお客様(患者・ご家族の皆さま)
大正製薬メディカルインフォメーションセンター
TEL:0120-591-810
FAX:03-3985-1630
受付時間:9:00~17:30(土・日、祝日、当社休日除く)
自己注射に関するお問い合わせ
ナノゾラサポートセンター
TEL:0120-143-075
24時間365日対応・通話無料
お客様とのお電話は、お問い合わせの内容を正確に承るとともに回答の内容を確認するため、録音させていただくことがあります。
FAXでのお問い合わせに対しては、当社受付時間内に回答させていただきます。
Page top